【全部無料】幼児教材学習プリントサイトまとめ

幼児向け通信教育10社比較ランキング

幼児の通信教育を検討した時、意外とたくさん種類があって迷いますよね。

そこで、実際に幼児向け通信教育教材を10社以上お試し比較検討した我が家の体験談もまじえつつ、目的・用途別におすすめ幼児通信教育を比較ランキングしてまとめました

今回紹介の10社は無料お試しもできます!気になったらお試し教材を取り寄せてみましょう。

※目次項目タップで該当箇所へ飛びます

今回紹介する幼児向け通信教育教材10社の特徴表

幼児教材名対象年齢教材内容
こどもちゃれんじ0歳~ワーク・ドリル・知育玩具・DVDなど幅広い教材で遊びを通して様々なことが学べる。
幼児ポピー2歳~月額980~1100円(税込)と安く、かわいらしい雰囲気の教材。デジタル教材もあり、抑えるべきところは抑えられている。
がんばる舎2歳~月額800円(税込)。毎月白黒プリント教材が送られてくる。無学年方式で子どもの学習状況に応じた勉強ができる。
いちぶんのいち3歳~月額650円(税込)。幼児向け通信教育教材最安値。プリント教材が送られてくる。無学年方式教材。
Z会幼児コース年少~近年話題になっている「思考力」が鍛えられるような良問が多し。体験ワークは親の強力が必須で、時間のあるご家庭向け。
RISUキッズ年中後半~算数に特化したタブレット教材。月額費用にクセがあるので注意。
スマイルゼミ年中~タブレット教材。自動丸付け機能もあり、保護者の負担が少ない。
七田式通信教材0歳~世界中で約100万人が受けた七田式教育!継続するのが難しいのが難点。
図形の極み年中~市進学院などの有名塾が推している。無学年方式。図形に特化している学習カリキュラム。
ドラキッズオンライン年少~動画を通して学ぶ+独自ワークで様々なことを学んでいく。月額6600円(税込)。幼児教育と比較すると安価。

比較対象にしたのは、上記10社の幼児向け通信教育です。おなじみのものから聞きなれないものまで。我が家では、すべてお試ししています。

表をみてもしっくりこない……。

そんなあなたのために、様々なケースにあてはめて比較してみました。

  • 料金
  • 教材充実度
  • 子供満足度
  • 難易度
  • 入退会のしやすさ

幼児向け通信教育教材料金比較:最安値はいちぶんのいち

幼児向け通信教育の料金比較

  • 七田式通信教材(税込8708円/月換算)年額一括12ヶ月分・税込104,500円
  • 図形の極み(税込7000円くらい/月)
  • ドラキッズオンライン(税込6600円/月)
  • スマイルゼミ(税込3278円/月)
  • Z会幼児コース(税込2200~2860円/月)
  • RISUキッズ(税込2750円/月換算)年額一括12ヶ月分・税込33,000円
  • こどもちゃれんじ(税込2739~2980円/月)
  • 幼児ポピー(税込980~1100円/月)
  • がんばる舎(税込800円/月)
  • いちぶんのいち(税込650円/月)

※図形の極みは塾経由割引あり・教室により料金が異なります。目安は月額税込7000円台くらい。また、RISUキッズと七田式通信教材は年額一括払いしかできませんので注意を。